【体験談】賭けダーツにはまってプロミス。女の子にモテたいが為に多重債務

【体験談】賭けダーツにはまってプロミス。女の子にモテたいが為に多重債務

賭けダーツにはまってしまってプロミスで借入をすることになった事がきっかけで、多重債務の道を雪だるま式に転がり落ちてしまった方の体験談です。
プロミス以外にもアコムや銀行カードローンで借入をした方からお話を伺いました …

取材した方の人物像

守野一様(27歳 仮名)
利用者プロフィール
名前 守野一様(仮名)
年齢 27
性別
職業 工場勤務
借入した会社 プロミス、アコム、某銀行
借入金額 70万ぐらい
月々の返済額 2万7千円程度

はじめてのキャッシングから人生の四苦八苦を経験した守野さんにお話を伺うことが出来ました。
守野さんは5年前初めて借入をしてから、現在に至るまで様々な経験をして、キャッシングの総額が70万円。
そのきっかけは些細な出来事だったようです。

どんな人?

一般的な工場社員で、少し内気な人見知りタイプの方です。
今のお仕事は給料が安く不満だということですが、人と関わるのが苦手だということで新しい仕事を探せないと言っていました。(今回の取材でも少し緊張されていました)
根は真面目そうで、趣味はダーツだそうです。
将来の夢は幸せな家庭を築きたいといいます。27歳で現在一応彼女募集中と言っておりました。

ダーツで負けて生活難に

毎日同じ作業に飽き飽きして、数少ない友達にダーツを誘ってもらいハマったのが趣味になったきっかけです。
最初はその友人と一緒に行くことが多かったのですが、二十歳を超えたあたりから一人で行くことも増えてきました。

いつものように会社の近くのダーツバーで一人投げながらお酒を飲んでいる時に、よく見かける顔の方が声を掛けてきました。

「こんばんは」
「……どうも」
「よく顔を合わせますね」
「そうですね」

こんな感じで、最初は少しよそよそしかったのですが、一緒にダーツを投げてから打ち解けられました。
元々友人が多くない私にとっては、中々出来ない出会いだったので、その時は嬉しくてたまらなかったです。
これが桑野(仮名)さんとの出会いでした。

週3日、月水金でダーツバーで顔を合わせて、一緒にお酒を飲むのが仕事帰りの楽しみになってきたころ、桑野さんから提案が。

「賭けダーツをやらないか?」
「え? でも、それってお店のルール的にアウトじゃ……?」
「ちょっとだけだったらバレないさ。それに常連の俺らを邪険にするはずがないだろう?
――それに、賭けたほうがちょっと燃えないか?」

「……はぁ」

お酒が入っていたからと言うのもあり、その提案に乗って最初は1杯のお酒やら、百円単位の賭けから入ります。
ですが、日を追うにつれてお互い楽しくなり気づけば一桁多い千年単位の賭け事となったのです。

「くっそ! 負けちまった!」
「桑野さん力み過ぎですよ、もっとゆったり投げなきゃ」
「そうだな! くそ……今月の生活費もうやべえよ」
「負けなければいいんですよ」

最初の方は私ばっかり勝っていたのですが、
これが桑野さんの手口でした…

「……あっ」
「よっしゃ! 俺の勝ち! 一君ありがと!」

桑野さんは下手な振りをして、わざと負けていたのです!
結局、私は勝てると信じて、生活費の一部を賭けてボロ負け……。
ですが、男の意地(?)を見せてちゃんとお金を渡しました。

それからぐうの音も出ないほど、お金が無くなり生活がいよいよ苦しくなった時にテレビでプロミスのCMを見て、これしかないと思い町中の契約機に飛び込んだんのです。

申込は簡単でしたね。
申込んでからカードが出来るまでその日のうちに出来たので、公共料金の支払いも滞りませんでしたし、純粋に便利なサービスだな、とその時は思いました。
しかも無利息期間があるなんて、コレ本当に儲かるの?なんて思っていたほどです。

無利息期間があるカードローンでキャッシングはお得?

ダーツの他にもちょっと趣味が

3万円の借入をしてから、はじめての返済額は数千円とかなり低い金額。
なので生活は全然苦しくなく今まで通りダーツバーに通って桑野さんとよく談笑する事が出来ました。
それから何度かまた負けたり勝ったりを繰り返していたのですが、そのうち飽きがきてしまいます。

「なあ、今日終わってからアレ行かないか?」
「アレ……?」

話をよくよく聞いてみると女の子がいる夜のお店の事で、私はそんな経験が一切なかったのでびっくり。
そして、いつもどおり賭けでそのお金を払う方をダーツで賭けて負けました。緊張しすぎたのだと今でもあの時のことは反省しています。

「あ、あの。アレ(女の子のいるお店)っていくらぐらいかかるんですか?」
「ん? あー……二人だったら3万ぐらいかなぁ」

正直3万はそれほど高いとは思いませんでした。当時10万ぐらいかかるんじゃないかと本当に思っていたので、ちょっと拍子抜け。たまにそれぐらいの金額は賭けていたので全然苦ではありません。
ですが、持ち合わせが丁度なかったのでまたATMでプロミスから借入をして行きました。

初めての夜(笑)を終えてから、私はダーツバーに行く回数が週3回から2回に、そして毎週1回にまで減っていきました。

「一君最近どうしたのさ?」
「ちょっと副業を初めて」

嘘です。嘘っぱちです。 桑野さんには見栄を張ってそう言いましたが、

女の子のいるお店に行きたいが為に、お金を節約していたのです。

FXが丁度流行っていたので、それの波に乗ろうとしていると言っておきました。それで株の動向を調べるためだとか、なんか今思えば明らかに嘘っぽい嘘を付いていたと思います。

それからやはり人間は、なれると物足りなくなるらしく飽きが来始めてきたころにまた桑野さんから誘いがあります。

「この後キャバ行かない?」
「キャバ……ですか?」

ちょっと興味があったのは間違いありません。

それがきっかけで彼女と出会ってしまったのです。

女の子にお金を貢ぐ生活

一人の嬢との出会いが、私の人生に彩りを与えてくれました。
今まで女性とお付き合いをしたことがなかったので、優しくしてくれる彼女に惚れてしまいました。名前は源氏名でココロちゃんです。本名は結局聞いていません。

私はあくせくと働き、桑野さんと会うこともほとんど無くなりました。
ココロちゃんに会いたいがためにせっせと仕事をして、お金を貯めて行っていたのですが、次の給料日まで待てない時もありました。
そんな時はキャッシングを使ってお店に行く生活です。
プロミスだけでは限度額が少なかったのでアコムと某銀行のカードローンにも申し込みました。
返済をちゃんとしていると、プロミスは無利息期間がポイントで買えることに気づいて結構便利だな、なんて事を言っていた時期もありました。実に財布のように扱っていたと思います。

「わー! 守野さんこんばんは! 今日も来てくれたんだ!」

これを聞けるだけで幸せなんだと思っていたのが恥ずかしいです。
メールも何度かやり取りをして、休みの日も幸せでした。
プレゼントも色々あげました。ブランドのバックや、時計を欲しがったので渡したらちゃんと次に合った時は付けてくれていて、すっごく嬉しかったです。

そこから多分合計70万円ほど借りたころでしょうか、ついに月々の返済額が2万円を超えてしまいました。それでも何とかタバコ代を削ったり、昼ごはん代を浮かせたりしてどうにかお金を貯めようとしたのですが、ココロちゃんに会えるのは月に1回が限界に……。
それでも返済して余裕が出来たらまた借りる、ということを繰り返して会いに行きました。

重なる返済、後悔とストレス……だが!?

「えっ……辞めた?」

お金がどうしても無くて、2ヶ月程頑張ってお金を貯めてから店に行くと、彼女はもういませんでした。
連絡をしてみても、LINEに既読すらつきません。
1日経っても、2日経っても、3日経っても……。

それから毎月残されたのは借金の返済だけ。
毎月口座から問答無用で消えていくお金を見て、なんだか切ない気持ちになってしまいます。

ココロちゃんの為にお金を借りて色々プレゼントをしていたのに酷い。
憤慨をしてもなにも始まりません。
安酒を飲み過ぎてぶっ倒れて、次の日は二日酔いなんてことはよくありました。
毎月の給料の殆は返済と家に入れるお金、車の維持費等で無くなります。タバコや酒を買ったらすかんぴんですよ。

どうしても嫌な気持ちな時は以前通っていたダーツバーに行ってみました。ですが、桑野さんの姿は見当たりません。彼もまた、私が通わなくなるのと同時に来なくなったそうです。
お店の人はあんな人と付き合いが無くなって良かったんじゃないか、と言っていました。
今思えば彼もまた、お金にズボラだったかもしれないですね。お金を色々借りている私が言えたことじゃないですが。

そこからくらい生活が延々と続く日々だったと思います。

--でも、今年の四月にまた人生を買える大きな出会いがありました!
新入社員の川瀬さんとの出会いです!
会社で毎日顔を合わせるだけで笑顔を向けてくれる彼女に、人生で二度目の恋に落ちたのです。

今は禁酒して、タバコの数も減らしています。とにかく今の借金を減らす為に頑張っています!
この借金が全部無くなったら彼女に全て打ち明けて、交際を申し込もうと思います!
出来ることなら仕事も変えたいですが、彼女との交際次第かな。なんちゃって。

返済のストレスはありましたが、今はちょっと仕事が楽しいかもしれません。

プロミスで借りた感想

プロミスで借りて思ったのは、いろんなサービスがあっていいですね。
ポイントサービスは他のカードローンにはありませんもん(笑)
でも、銀行カードローンと一緒に借りてみるとプロミスの金利はちょっと高いですね。
私は返済だけはちゃんとやっていたので、金利が下がっていたのですが、それでも銀行カードローンの方を中心に使いがちです。

あんまり借入の金額が多くないんだったら結構オススメだと思いますよ。

低金利のローンの利息はどれぐらいお得なの?

取材した内容から得られること

最初のきっかけは生活費の補填。ということだったのですが、賭け事や等でキャッシングをしているとどうしても『借りているお金』ということを忘れがちです。

また、お金の使い道を間違えてしまうと、その時楽しくても後々辛い生活が待っています。
借り入れをする時は、ちゃんと返済計画を考えられる状態で利用するようにするのが大切だということが分かりますね。
特に、お酒が入っている状態での借入は要注意です。
お酒は人生を狂わせる、と言う言葉も有るように今後の生活に影響を与えかねません。

守野さんの場合は、返済の延滞等がない状態だったので今後問題がなさそうですが、遅延や延滞をおこしてしまうと、住宅ローンなどの審査にも影響します。
大切な人が出来た時のために、ちゃんとした借入をしたいものですね。

カテゴリ別キャッシング情報

シーン別キャッシング情報
タイプ別キャッシング情報
職業別キャッシング情報