オリックス銀行カードローン

  • 最短即日で審査結果が分かる!
  • 安定した収入があるサラリーマン、公務員、事業者の方にオススメ!
  • 低金利なので他社からのおまとめ・借換に便利!
金利 限度額 審査時間 収入証明書
1.7%~17.8% 10万円円~最高800万円 最短即日 -

を詳しく見る

オリックス銀行カードローンの審査情報

特徴

金融大手のオリックスが手掛ける信託銀行のカードローン。来店不要での契約完結や他行口座への振込対応、大型の利用限度額、業界最高額の所得証明提出ラインなど、総合力よりひとつのサービスに特化した特色性の高い商品で話題を集めている。自前の店舗やATMを持たないので、申込などのやり取りはネットか電話のみ。忙しい人や人目が気になる人、ネットユーザーにとっては使い勝手の良さも魅力。

オリックス銀行カードローンのポイント

良いところ

①最高800万円の大型利用限度額
800万円の利用限度額は業界でも稀少。とはいえ、審査のハードルもそれなりに上がり、他社の借入状況によっては限度枠を減額されることも。
②大口融資に特化した業界トップクラスの低金利
最低金利が業界最低水準の3.0%に設定され、700万円~800万円の大口融資なら断然有利。複数借入の「おまとめ」や「借換え」など借入総額が400万を超える場合は、検討してみる価値あり。
③ATM利用手数料終日無料
自前の店舗やATMを持たないものの、三菱東京UFJ銀行やゆうちょ銀行、ローソンなど、93,000台以上(2014年5月末現在)の提携ATMでの利用が可能。すべて終日手数料無料なのも大きい。
④口座開設不要で指定口座への振込OK
銀行系では珍しく、当行口座を開設せずとも指定の他行口座への振込に対応してくれる。使わない口座が増えたり、無駄な手間がかかることもない。

悪いところ

①審査回答に1日かかることも
金利が低いぶん、審査にも時間がかかりがち。審査回答が最速でも即日と、「最短30分」の消費者金融系と比べるとかなりの差が。それを経てようやくカードが発行されるので、急いでいる時は使いにくい。
②小口融資なら金利は消費者金融並み
最高金利が17.8%と銀行カードローンの中では高く設定されているため、100万円未満の借入の場合は消費者金融と変わらなので注意が必要。
③シビアな利息計算法
利息の付く最低単位金額(=付利単位)が1円からで、付利単位100円の銀行があることを考えると利息計算はかなり厳しい。

まとめ

ネット専用預金を主力とする銀行らしく、デジタル対応に長けた使い勝手の良さを踏まえつつ、ピンポイントの顧客ニーズに呼応する特色性の高い特典を提供。特に大口の融資に強みを発揮し、400万円以上の借入を考えている人は金利や限度額など様々なメリットが得られるはず。ATM利用手数料完全無料や口座開設不要、既存指定口座への振込が可能など細やかなサービスを設けているものの、通常の借入では他社を上回る“押し”がないので、利用満足度は分かれるところ。

を詳しく見る



オリックス銀行カードローンのスペック

実質年率 1.7%~17.8% 融資限度額 10万円円~最高800万円
審査時間目安 最短即日 融資までの時間 最短即日
※契約(完了)後
担保・保証人 不要 手数料・年会費 不要(提携ATMをご利用いただく時間によっては所定の手数料がかかる場合がございます)
申し込み資格 1.お申し込み時の年齢が満20歳以上65歳以下の方
2.原則、毎月安定した収入のある方
3.日本国内にご在住の方※外国籍の方は、永住者または特別永住者の方
4.保証会社であるオリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方
必要書類 ①運転免許証または運転経歴証明書、健康保険証、日本政府発行のパスポート、在留カードまたは特別永住者証明書※上記のいずれか写し1通をご用意ください。
②お借入総額により所得証明書類(源泉徴収票等)が必要です。
③個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要です。
④預金口座振替依頼書
※上記一つがないとNGです。
返済期日 毎月10日・月末のどちらかをお選びいただけます。
返済方式 残高スライドリボルビング方式
返済期間・回数 1年(原則として審査のうえ自動更新)
返済方法 ①お客さまご指定の口座からの口座引落しによるご返済
②当社指定口座へのお振り込みによるご返済
③提携金融機関のATMからの入金によるご返済
セブン銀行、ローソン、Enet、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行は手数料が無料

を詳しく見る



カテゴリ別キャッシング情報

シーン別キャッシング情報
タイプ別キャッシング情報
職業別キャッシング情報